テニスの練習法と上達法!プロの戦術を学ぼう!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

テニスを怪我なく上達

スワイショウをしばらく続けていると、段々と色んな感覚が目覚めてきます。
「力を使わなくなった。」
「ボールが最後まで良く見えるようになった。」
「頭がぶれなくなったような気がする。」

などの感想が聞けるようになります。

最初のうちは、数往復ミニラリーをする度に、ご自分の姿勢をチェックしな
がらやって下さい。気を抜くと必ず、元の慣れ親しんだ動き方に戻るからです。

「何、この感覚! 今までと全然違う!」

と思った頃、徐々に下がってストレートの
ロングラリーにしていきましょう。

この時、フォアは肘の外側から、バックは肘の内側から引くようなイメージ
を持って、姿勢を崩さずにテークバックするようにしてみてください。

とりあえず、ここまでできるようにしっかりと練習して下さい。

感覚の良い方ですと、これだけでラリーのミスの確率が
全く変わってしまうでしょう。

5年分くらいは時間を短縮して上達してしまいます。

大げさに聞こえるかもしれませんが、ほとんどの方が
5年たってもここに気付かないで不安
を持ったままストロークを打っているのが現状ではないでしょうか?

リラックスした状態で、
背骨をS字にキープしてテニスをしましょう!

予め言っておきます!初めのうちは、
姿勢をキープしようとすると腰に疲れが溜ります。

使っていなかったインナーマッスルを使うことになるからです。

姿勢を意識して腰を使った後は、しっかりとストレッチしたり、
お風呂で温めて腰のケアをしっかりとしてくださいね。

腰が強くなり、姿勢にも慣れてくると、腰痛持ちの方の腰痛が治ってしまっ
た例もありました。できれば毎日、寝る前にでも、仰向けに寝て両手両足を上
下に伸ばす『伸び〜』を習慣にしてください。

それでは、あなたのテニスが一流アスリートに、より近い身体の使い方になり、
怪我なく上達できる事を心からお祈りしています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。