テニスの練習法と上達法!プロの戦術を学ぼう!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

『自然体』のテニス練習法

『自然体』に近づく方法としては、姿勢を整える事。

本来のあるべき姿勢です。

そして、身体の各関節を緩めて脱力したまま動く事、
そして、テニスはボールの動きに合わせた動作をしなければ
いけないので、欠かしてはいけないのがボールをインパクトまで
しっかりと見るという事。

これら『姿勢』『脱力』『凝視』の3点に注意する事で、
より『自然体』に近づいていければ、無理なく、効率よく、
高いパフォーマンスが望めるのです。

明日、コートに立ったら、まず『姿勢』を整え、
全身から力を抜き『脱力』する為に
大きく3回深呼吸をやりましょう。

ゆっくりと吐くときに筋肉の緩みを感じて下さい。

後は、打つ瞬間までボールを見るように
心掛けて練習してください。

脱力して練習する姿は、一見とても
やる気が無さそうに見えるのですが、
それこそが良いパフォーマンスを産む卵の段階です。

やる気が無いように見られ、もしコーチに怒られたら、
「何か今日は力が入らないんですよ〜。(入れてないから)」
とでも言っておきましょう。

無理に筋力を使ってボールを飛ばそうとせずに、
脱力して、その緩んだ身体を上手く使い、
怪我や故障が無いだけでなく、
人一倍早く上達してしまう
『姿勢』『脱力』『視線』をコントロールする方法を
試してみましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。